泉州で背骨コンディショニングを受けるなら貝塚StudioFlash

Studio Flash

072-446-7971

〒597-0105 大阪府貝塚市三ツ松1469-3

営業時間:9:00~23:00

lv

泉州で背骨コンディショニングを受けるなら貝塚StudioFlash

ブログ

2018/07/07 泉州で背骨コンディショニングを受けるなら貝塚StudioFlash

72日は背骨コンディショニングのレッスンでした。

今回は、生徒さんに始まる前に簡単なアンケートを実施して、気になる症状をお聞きしました。

腰痛や膝の痛み

坐骨神経痛

股関節が固い

柔軟性をあげたい

そしてリウマチの方もいらっしゃいます。

背骨コンディショニングでは、骨の歪みと痛みの関係がはっきりしているので、今日は膝の痛みについてお話しします。

膝関節が変形し、膝関節の軟骨がすり減って痛みが出てくる変形性膝関節症という病気があります。

これは背骨コンディショニングの理論で言えば、仙骨のズレと大臀筋の弱さに原因はあります。

仙骨が後方にズレると坐骨神経が引っ張られ、脛骨神経や腓骨神経も引っ張られます。

引っ張られた神経は伝導異常を起こし、膝関節の滑液を出にくくします。

滑液は関節を滑らかに動かすための潤滑油なので、出なくなると軟骨はこすれて変形します。

こすれて炎症が起き痛みを招いてしまうのです。

また膝の半月板が変形したり、骨棘というトゲのようなものが出来たり、それが膝の痛みの原因になるとも言われています。

膝には沢山の滑液を出す滑液包があり、坐骨神経が引っ張られ伝導異常を起こすと、滑液包から滑液が出にくくなり、さらに坐骨神経の伝導異常が起きると、膝のまわりの組織が固くなり、滑液包が傷つけられ、滑液包から滑液が漏れ出し膝に水が溜まるようになります。

このように、痛みの原因は滑液が膝関節に出てないことにあるので、この問題を解消すれば炎症が治まり痛みも解消します!

仙骨セルフ矯正で固まった仙腸関節を緩めズレた仙骨を正しい位置に戻して、坐骨神経ストレッチで神経の伝導異常を改善すれば滑液が出てくるようになります(˃̵ᴗ˂̵)

また仙骨がズレないようにバックキックなどの筋トレも

必要です。

仙骨のズレを矯正して、正しい位置に戻して痛みや痺れの症状が驚くほど改善する背骨コンディショニング

是非一度起こし下さい。

お待ちしています。

img_4953

 

 

Studio Flash

住所 大阪府貝塚市三ツ松1469-3
電話番号 072-446-7971
営業時間 9:00~23:00
定休日 不定休

TOP